初バックパックの柴旅~東南アジア編~

旅ネタ中心にしようと思ってますが、結局色々記録していくと思います。

アンコールワットサンライズとトンレ・サップ湖サンセット

カンボジア到着の翌日、

前日出会った日本人(雰囲気、葉加瀬太郎似 名前Sさん)の方と一緒にアンコールワット群を1日観光です。


この日はまずアンコールワットで日の出を見るため朝の4時起きで出発です。


ドミトリーでほかの人はまだ寝ているため、

暗い部屋の中そーっと準備して出てきました。


まだ暗い中をトゥクトゥクで走ります。

昼は激暑ですが、朝は肌寒いくらいでした。


Sさんのホステルに向かいに行き合流後、

30分程さらに走らせます。



最初自転車で周ろうかとも考えていましたが、

トゥクトゥクにしてよかったと心底思える距離でした。欧米人は頑張ってましたね。


果たして日の出に間に合ったのかが心配。


そしてアンコールワットに到着した頃には、

少し空は明るくなってきました。

ほんのり暖かさも感じつつ、アンコールワットに近づいていきます。





さぁいざアンコールワットサンライズ!








美しすぎました‥

息を呑むとはこの事ですね。

色んな国の人たちが棒立ちです。


アンコールワットの中の遺跡も荘厳で素晴らしかった。









敷地内には猿がいっぱいいました



蓮の花がきれい



周辺の遺跡群の中ではトゥームレイダーのロケ地になったタ・ローム遺跡が個人的には好きです。


遺跡を飲みこまんとする木々がすごい



ただ遺跡群1日チケットが35ドルっていうのが若干高い気もするけどこの景色見せられたらしょーがない。


Sさんは遺跡群を見終わった後、プノンペン行きのバスを予約していたので、facebookの交換して、お昼過ぎにお別れしました。



私は少し休憩をはさみ、15時頃にトンレサップ湖の夕陽を見るため再度出発。


これも夕陽を見るためのボートとマングローブの中を進むための小さいボートに乗るのに40ドルかかるとチケット売り場で聞かされる。


全く聞いていなかったため、一度そのまま引き返そうかとも思ったが、せっかくの機会だとも思い、マングローブなしの夕陽だけに交渉して30ドルで参加。


道中の景色きれいでした





港に到着



小さな船長

するどい眼差しで、男惚れです



1日ずっとトゥクトゥクで周ってくれたお兄さん。

ツアー中の日本人のお客さんを口説いて彼女にしたというプレイボーイです。

彼とはこのツアーの後夕食も一緒にいきました。



途中水上で生活する大きい村を通ります




おそらく学校




ボートの先端に座らせてもらい、

水上村が見えてきた時はルフィになった気分でした。




村を過ぎるといよいよ湖にでます。


サンセット






すごすぎる‥


歳を取るにつれて、色々なことに良くも悪くも慣れてしまい、感動することも減ってきてしまうけど、さすがにこの景色には感動です。


同じ日に日の出と日の入りをちゃんと見たのは初めてかもしれない。

最後の方は写真を撮ることもせず、

目に焼き付けておこうと眺めてました。


まだまだ自分を心底感動させてくれる景色、出来事に出会うために頑張ろうと思える1日でした。


30ドルかかると聞いて帰らなくてよかった、価値は全然あるので、時間がある方はぜひ行ってみてください、おススメします。


ただ今日1日でだいぶお金を使ってしまったので、節約しないと‥旅が短くなりそうな予感しかしない。