初バックパックの柴旅~東南アジア編~

旅ネタ中心にしようと思ってますが、結局色々記録していくと思います。

ネパール〜締めくくりに博物館〜

今回の旅最後の観光地であるポカラに到着です。


ポカラはフェワ湖という大きな湖のほとりから、アンナプルナ連峰という8000m級のヒマラヤ山脈を仰ぎみることができ、

トレッキングやパラグライダーなど、アクティビティやるもよし、湖のほとりでぼーとするのもよしの、世界中からツーリストが集まるスポットです。


今回すでにエベレストトレッキングをしていたので、トレッキングはもうする気にならなかったので、ゆっくり過ごすことに。




まずはフェワ湖のほとりをぼーと歩きます。

20、30分くらいで半周くらいできます。



湖畔に座ってぼーとしている人や本を読んでいる人がちらほら



次にフェワ湖の中心に浮かぶ小島へ、乗り合わせの小舟で向かいます。

乗り合わせの小舟なら100円、自分専用の船を漕いでいく場合は500円。

かなりネパールの地元民の人の観光客がめちゃ多く、若干アウェー感ありました。








どこの若者も同じで、ポージングを決めてパシャパシャ写真を撮りあってました。



その後、国際山岳博物館なる施設に行きました。

世界中から集められたヒマラヤに関する資料が見ることができるとのこと。


中はけっこう広く、見応えのある展示物が多かったです。





まずはネパールに分布する多種多用な民族説明。またヒマラヤ山脈の一つ一つの山の説明や、ヒマラヤ山脈ができあがった経緯。

ヒマラヤに生息する動植物の展示。







初めてヒマラヤの山々を登頂した人物と、

当時の装備の展示。




田部井 淳子さん

初めてエベレスト登頂した女性が日本人だとは知らなかった。



都市伝説イエティに関する展示



日本に関しての展示も多いです。




長野県駒ヶ根市と関係があったんですね。

地元の若い女の子がこのマネキンの前でポージングして写真撮ってました笑


また登山家野口健さんのエベレスト掃除の様子と実際に回収してきたゴミの展示がありました。日本人として誇れる展示でしたね。


2.3時間はじっくり見れて、個人的には面白い博物館でした。


今回の旅のイベントはこれで終了!

あとはお土産を買って、日本へ帰国します。

帰ったらヘリコプターの保険請求とか色々やらなければ。