初バックパックの柴旅~東南アジア編~

旅ネタ中心にしようと思ってますが、結局色々記録していくと思います。

ラオス③〜ルアンパバーン〜

ラオス世界遺産都市ルアンパバーンにいます。

郊外は別として、市内は1日歩けば見どころは周れてしまうくらいです。


ただ見どころが時間帯によって色々あります。

まずは早朝5時半から6時の間、

ルアンパバーン名物「托鉢」(たくはつ)です。


ルアンパバーンには多くのお寺があるため、

そこから毎朝お坊さんが列をなし、地元民や観光客から喜捨をもらいます。

主にお米を喜捨している人が多いです。





これを見るために2日早起きしました。

初日は6時過ぎに行ったら、既に終了の時間でがっかり。

翌日リベンジで頑張って5時半ごろに行ったら見れました。

荘厳な雰囲気でよかったですが、眠いです。


托鉢が終わる頃には、既に朝市が賑わっています。ルアンパバーンの朝は早い。





肉がすごい



日中は市内観光、お寺巡りやカフェでまったり






川沿いのカフェ「ユートピアカフェ」

起き上がるのにかなりのパワーが必要です

ユートピアカフェおすすめです。



プーシーの丘という高台に登ります。


中腹あたりに色んな仏様が


休日に平日と勘違いして起きて、今日は休みだったと二度寝する時くらいの安らかな眠り


「おタバコは吸いますでしょうか?」と言い出しそう


頂上にはこれが


あいにくの曇り空だったので、あまり…




夕方になればメコン川に沈む夕日がきれいなはず…ですが、今回は特に行っておりません笑

景色になれてきてしまったのです。



日が沈み始める17時半ごろから、

大通りにはお店を並べる人たちでいっぱいになります。

名物「ナイトマーケット」です。







スマホスタンド 音が反響するらしい





結構長い距離にお店がずらり。

織物を中心に、雑貨やコーヒーなど様々並びます。

私はお土産にふくろうのポーチを購入。


ナイトマーケットだけでなく、

夕食場所も盛り上がってます。

なかなか強烈で食欲をそそります。




ビュッフェスタイル


にく、にく、にく




私は何の魚かは知りませんが、魚を食べました。メコン川に泳いでる淡水魚かぁ、とあまり期待せずに食べましたが、かなり美味しかったです。


肉も魚も炭火で焼いており、どーいう味つけかは分かりませんが、とにかく美味しかった。

居酒屋にあったら絶対頼むレベルです。



雰囲気も落ち着いているし、飯もうまい。

ゆっくりしたい人にはオススメな街です。


私は飽き性なため、3泊で十分満足したので、

最終目的地であるネパールに向かいます!